スパトリートメントファンのためのメディア Spa Beaute Concier

乾燥肌で悩んでいる方に正しい洗顔方法を解説します

乾燥肌のための洗顔方法
洗顔の目的から解説

講師写真:上田祥子

講師上田祥子うえださちこ

美容研究家/ライター/美容コメンテーター

乾燥肌は洗顔料使う?お湯洗顔のみ?

乾燥肌の人にとって洗顔をするときにはどのようにしたらよいのでしょうか?水やお湯だけで洗顔するという方法も見かけます。 洗顔も大切なスキンケアの1つです。洗顔の目的から理解して、正しい洗顔方法を目指しましょう。

洗顔の目的

普段生活していると肌にはホコリやチリ、排気ガスなどの汚れがついたり、自分の肌から分泌される汗や皮脂などが出てきます。その汚れや汗や皮脂をそのままにしておくと、雑菌が繁殖して肌が荒れてしまったり、皮脂が酸化して毛穴がつまる原因となってしまいます。 これを落とすのが洗顔の目的です。 皮脂は取りすぎるのも乾燥をまねいてしまうのでよくないですが、古い皮脂をそのままにしておくとかえって肌が荒れてしまう原因となります。そのため、洗顔料をきちんと使って、汚れや古い皮脂を毎日しっかり落としてあげることで、肌をすこやかな状態にたもつことが大切です。また洗顔を行って、汚れや古い皮脂をとりのぞくことにって、洗顔の後に使用する化粧水や美容液が浸透しやすくするためにも洗顔は大切なステップであるといえます。

洗顔とクレンジングの違い

洗顔料とクレンジングでは落とせる汚れが異なります。 洗顔料・・・皮脂、古い角質、ほこり、汗 クレンジング・・・メイク化粧品 このようにクレンジングと洗顔でも役割が異なりますよ。

乾燥肌の洗顔料の選び方

洗顔料にはたくさんの種類がありますよね。さっぱりとした洗い心地ものからしっとりとしたものまで、さまざまなものがあります。自分に合ったものを選ぶのはとても大変な作業です。 では、乾燥肌の人はどのようなことに気を付けて洗顔料を選ぶとよいのでしょうか。まず大切なのは洗顔の目的を果たせる洗浄力をきちんともっているということです。洗顔の目的は日常の生活でついたチリやホコリや排気ガスなどの汚れをしっかりと取り除くこと、汗や古い皮脂をしっかりと落とすことにあります。洗浄力が強すぎると肌に必要な皮脂までも奪ってしまい、乾燥を引き起こします。乾燥は肌のバリア機能の低下の原因ともなりますので、洗浄力が強すぎないものを選ぶ必要があります。

洗顔料の種類

ここではジェルタイプ、固形石鹸、泡タイプ、クリームタイプ、パウダータイプの洗顔料について説明をしていきます。 結論、一般的に市販の中でも多く取り扱われているフォームタイプが個人的にはおすすめです。それぞれ特徴が異なるので、自分の肌状態に合うものを見つける参考にしてくださいね。

  • ジェルタイプの洗顔料

    水分が多く含まれているものが多いです。そのため泡立てやすいという特徴があります。泡立てやすいというのはうれしいポイントですが、ジェルタイプの洗顔料は洗浄力が比較的高いものが多いので、オイリー肌の人にはおすすめですが、肌が敏感な人や乾燥しやすい人は使用するときには注意が必要です。

  • 固形石鹸

    固形石鹸は肌への刺激となる成分は少ないものが多いですが、泡立てるのに時間がかかってしまいます。固形石鹸は低刺激な成分が含まれていても、比較的洗浄力の高いものが多いので、乾燥肌の人は慎重に使用しましょう。

  • 泡タイプの洗顔料

    泡立てる必要がないので、洗顔をするときに肌をこする心配が少なくて済みます。しかし、泡をつくるための発泡剤が含まれているので、その成分が肌への刺激となってしまう場合があるので注意が必要です。また洗浄力が強いものが多いので、洗浄力の強さは商品ごとに確認しましょう。

  • クリームタイプの洗顔料

    クリームタイプの洗顔料は市販されているものの中で1番多いタイプの洗顔料です。洗浄力はメーカ・商品によってさまざまです。そのため、成分を見ながら自分に合ったものを選ぶことができます。乾燥肌の人は保湿効果の高い、洗いあがりがしっとりとしているタイプのものを選ぶとよいでしょう。チューブに入っているものがほとんどで、衛生的なのもポイントです。

  • パウダータイプの洗顔料

    水を含まない洗顔料なので、防腐剤など余分な成分が少ないのが特徴です。水が入っていないので、自分で調整しながら泡立てていくのにコツをつかむ必要があります。酵素洗顔はパウダータイプのものが多く販売されています。

このように洗顔料にはさまざまなものがありますが、洗浄力や泡立てやすさ、刺激の強さなどは製品によってさまざまです。乾燥肌の人は洗浄力の強さがほどよいもの、なおかつ保湿効果のあるものを選ぶのがおすすめです。

洗顔料の基本成分

洗顔料を選ぶときにはどのように選んだらよいのでしょうか。乾燥肌の人は洗顔料を選ぶときに気を付けるのは、洗浄力の強さです。洗浄力が強すぎると、肌を守る働きのある必要な皮脂まで取り除いてしまう可能性があります。するとピリピリとした刺激を感じてしまったり、肌が乾燥してしまう可能性があります。また、洗顔料にはピーリング剤など刺激となる成分が含まれていることもあるので、乾燥肌の人は刺激となる成分が含まれているかどうかにも注意をして洗顔料を選びましょう。洗顔したあとの肌をしっかりと保湿するための成分が入っていることも大切です。また、極端に洗浄力が弱いものを選ぶと余分な皮脂や汚れを落とす効果があまり感じられない場合もあるので、適度な洗浄力があるものを選びましょう。洗顔料を選ぶときには成分を確認することももちろん大事ですが、配合されている成分量や自分の肌の状態によって、合う合わないはそのときによって変わることもあります。そのため、一概に成分だけで判断することも危険な場合もあります。

正しい洗顔の仕方

  • 1.まずはしっかりと泡立てる

    水を適度に含ませてしっかりと泡立てることが大切です。泡をきちんと立てないと、顏を洗うときにこすってしまい摩擦が起きてしまいます。こすると乾燥肌の刺激にもなってしまうので、肌にかかる負担を最小限にするためにもしっかりと泡を立てましょう。

  • 2.洗顔をする

    ポイントは、指の腹で優しく洗ってあげること。泡で洗い上げることを意識してあげてください。

  • 3.洗い流す

    お湯の温度が熱すぎたり冷たすぎるとそれも肌の刺激となってしまうので、ぬるま湯で洗い流してあげることがポイントです。洗い流すときは、水をぱしゃっとかけるようなイメージで、こすらずに優しく落としてあげましょう。また、髪の生え際などは洗い残しが多い部分です。洗顔料をそのままにしておくと、その残った洗顔料が原因でニキビなどの肌トラブルが起きる原因となってしまうことがあります。そのため洗い残しがないように注意しましょう。

  • 4.水分を拭く

    タオルで優しくおさえるように拭くことで肌への刺激を少なくすることができます。タオルの繊維が肌につくのが気になる人はティッシュペーパーやキッチンペーパーで水分を吸うようにやさしく拭き取ることもおすすめです。

講師紹介

講師写真:上田祥子

上田祥子うえださちこ

美容研究家/ライター/
美容コメンテーター

1991年クラリオンガールに選ばれ、モデル、レポーターなどを経て、1996年より美容ライターとして活動。
日本の美容情報のみならず、韓国、タイなどアジア諸国の美容を取材し発信している。

SEARCH

あなたにピッタリの
スパトリートメント
を探す

商品検索を始める