スパトリートメントファンのためのメディア Spa Beaute Concier

毛穴トラブルの原因は
4つある

たるみやくすみを引き起こす
毛穴トラブルの原因を知ろう

毛穴トラブルの原因である、加齢・乾燥・過剰皮脂・角栓の4つについて解説します。毛穴の開きや黒ずみの原因はとても単純で、誰にでも起こり得るものばかりです。なぜ毛穴トラブルが発生するのかを知っておけば、最適な対策方法も見つかるでしょう。

肌の老化が原因

原因1:加齢による肌の衰え

加齢によって肌がたるみ
毛穴が伸びてしまう

元々は丸い形をしている毛穴ですが、加齢に伴いたるんだ皮膚に引っ張られて楕円形に開いてしまいます。この状態は一般的に「たるみ毛穴」と呼ばれ、35歳を過ぎたころから目立ち始めてしまいます。たるみ毛穴が1番目立つのは頬で、メイクをしても隠し切れないのが特徴です。

肌のたるみは年齢と共に誰にでも起こる現象ですが、活性酸素の影響を強く受けるため、喫煙や紫外線によって肌のハリや弾力をつかさどるコラーゲンやエラスチンが変性しやすい人ほど毛穴が目立ちやすくなります。

年代別にみる毛穴トラブル:10代~

皮脂腺が活発でオイリー肌になりやすい10代は、ニキビが発生しやすく毛穴の開きも目立ちやすくなります。赤く炎症を起こしたニキビを潰すとニキビ跡が残ることがあるため、気になる場合には早めに皮膚科に相談しましょう。

年代別にみる毛穴トラブル:20代~

10代ほどではないものの、皮脂の分泌量が多い20代は、ストレスや食生活の乱れが起因となりアゴ周辺に大人ニキビができやすくなります。

また、余分な皮脂やメイク、汚れが角栓となり毛穴詰まりを引き起こすことが多いのも20代の肌の特徴です。さらに、毛穴の汚れを気にして肌を強く擦って乾燥肌を招いたり、ダイエットや生活リズムの乱れで肌が不安定になるなど、あらゆる肌トラブルに悩まされる時期でもあります。

年代別にみる毛穴トラブル:30~40代

肌の初期老化は20代後半あたりから徐々に始まります。そのため、30~40代は本格的なお肌の手入れを取り入れなければなりません。

もしも20代のうちから毛穴詰まりに悩んでいた場合は、それに加えて肌の弾力が失われていき、たるみ毛穴も併発しやすくなります。肌の老化を加速させないためにも、ハリや弾力を保つケアを積極的に行い、同時に生活習慣も見直すと良いでしょう。

水分量が足りずに起こる

原因2:肌の乾燥

肌の乾燥の原因は加齢だけじゃない

肌のたるみによる毛穴の広がりは、何も加齢だけが原因ではありません。加齢による毛穴の広がりはある程度仕方がない部分もありますが、それ以上に肌の水分不足は年齢に関係なくたるみをもたらします。ハリを失った皮膚は重力に負けて垂れ下がり、同時に毛穴も引き下げられてしまいます。
また、乾燥した肌はダメージを受けやすく、外的刺激から肌を守ろうと皮脂が過剰に分泌されてしまいます。これにより毛穴が詰まってしまうのです。さらに、べたついた角質に汚れが付着することで黒ずみが発生し、くすみ肌をもたらします。
30歳を過ぎた頃から発生しやすくなる乾燥は、毛穴の開きと黒ずみのどちらも招くため、早急に対処したいものです。

また、同時に加齢以外の原因もチェックしておけば、より効果的なケアができるでしょう。

生活習慣による影響

ターンオーバーが正常に行われている場合、健康的で潤いに満ちた肌を保つことができます。ただし、不規則な睡眠時間や夜更かしを続けていると、寝ている間に分泌される成長ホルモンが十分に分泌されなくなり、肌のターンオーバーは停滞してしまいます。

また、食事から摂取する栄養素は、ターンオーバーの活性化に欠かせません。過度なダイエットや偏った食生活で栄養が不足すると潤いが失われ、乾燥肌を招きます。

紫外線による影響

紫外線はシミ・シワ・たるみなど、あらゆる肌老化の原因として有名です。中でもUVB(中波長赤外線)は皮膚の表面にダメージを与えるため、日焼けやごわつきを引き起こします。日焼けした肌は乾燥しやすく、こまめなケアが必要になるため注意が必要です。

また、夏場は汗をかきやすく、皮膚表面のpHバランスが崩れ、肌のバリア機能を弱くしてしまいます。

冷房・暖房による影響

「エアコンの冷房や暖房は肌の乾燥を招く」というのは、誰もが知っていることでしょう。冷房で肌が乾燥する理由は、湿度を下げてしまうからです。冷房は運転時、熱交換器により結露した水分を外に排出することで室温を下げますが、同時に空気中の水分も排出してしまいます。

一方、暖房で肌が乾燥する理由は、室温が上がるからです。具体的に室内温度が10℃、湿度が50%の部屋を暖房で20℃まで温めると、湿度は28%まで下がってしまいます。

肌にとって快適な湿度は40%~60%と言われており、これを下回ると肌の乾燥だけでなく、健康に影響を及ぼすウイルスの活性化やカビ・ダニの発生なども引き起こします。

そのため、乾燥が気になる部分に対しては、こまめなケアを行う必要があります。会社や外出先などスキンケアができない場合は、マスクや簡易加湿器を使うなどで対策しましょう。

夏だけでなく冬も注意

原因3:皮脂の過剰分泌

バリア機能がもらたす
数々の肌トラブル

そもそも皮脂には、肌を守る役割があります。具体的には、肌の表面から水分が蒸発しないようにする保湿の役割や、外的刺激から肌を守る役割などです。また、肌を弱酸性に保ち、雑菌を寄せ付けないという役割も担っています。
一見メリットばかりのように思える皮脂ですが、肌が乾燥して無防備な状態の時には過剰分泌されてしまうのです。毛穴は皮脂の出口なので、過剰分泌されることで毛穴が開いてしまいます。毛穴には汚れが詰まりやすくなり、放っておくと汚れが酸化して黒ずみへと変化してしまいます。
さらに、皮脂の過剰分泌はニキビや炎症など、様々な肌トラブルも引き起こしてしまいます。

男性ホルモンによる影響

一般的に健康な人には、女性ホルモンと男性ホルモンの2つが存在しています。

女性ホルモンには皮脂の分泌を抑制する効果があり、男性ホルモンには皮脂の分泌を促進する効果があります。

皮脂腺の分泌に深く関わるテストステロンは、男性ホルモンの約95%占めています。このホルモンが皮脂腺を刺激すると、皮脂腺の増加や分泌活性、皮脂の合成促進などを引き起こします。

また、テストステロンは卵巣からも分泌されていますが、その量は男性の1/20ほど。ただ人によっては、分泌量が多い女性もいます。

そのため、思春期にテストステロンの分泌量が多かった女性は、40歳を過ぎてもオイリー肌が続くことが多いです。

間違ったスキンケア

皮脂を取り除きたいからという理由で、洗浄力の高い洗顔料やクレンジング剤を使用して擦り洗いをすると、肌に必要な皮脂まで落としてしまいます。

また、ターンオーバーの周期が20日と短い思春期の肌と比較して周期が長い20歳以降の肌は、水分保持力が低いため洗顔後に乾燥を引き起こしやすいです。乾燥した肌は皮脂の分泌量が多くなってしまいます。

加えて、不十分な保湿ケアや美容オイルなどの使いすぎにも注意が必要です。

【毛穴の役割からみるスキンケア】

  • 肌を守るバリア・保湿機能

    毛穴からは皮脂や汗などが分泌されており、これらが合わさることで皮脂膜を形成し、空気中のホコリや化学物質などの外的刺激から皮膚を守っています。また、皮脂膜は肌内部の水分を保つ役割も果たしています。

  • 肌荒れ防止

    毛穴から分泌される皮脂は、バリア機能だけでなく皮膚のpHバランスを保つ役割も果たしています。肌が弱酸性であれば潤いが保てるだけでなく、雑菌の繁殖を抑えることも可能です。

    一方で肌がアルカリ性に傾くと、乾燥肌や敏感肌を招いてします。正しい毛穴ケアを行うことで、トラブルの起こりにくいみずみずしい肌へ導いてくれます。

  • デトックス

    毛穴は皮脂や汗と一緒に、体内の老廃物も排出する働きがあります。毛穴によるデトックス機能は尿や便と比べると割合としては少ないですが、金属などによる毒素を排出するのは毛穴から出る汗の役割です。

  • 毛穴ケアで健康的な肌に!

    毛穴には保湿やバリア機能、肌荒れ防止やデトックス効果などの働きがあります。一方で毛穴が開いていたり黒ずみがある場合は、たるみやくすみを引き起こしてしまいます。

    キュッと引き締まった毛穴を保てば健康的な肌を手に入れることができますので、ハリやツヤのある美肌を保つためにも、しっかりとケアを行うのが重要です。

そのままにしておくと大変なことに?

その他:角栓の無理な除去

角栓が気になるとつい手で押したくなる…

角栓が毛穴にフタをしてしまうと、老廃物が留まり炎症やニキビを引き起こすだけでなく、酸化することで黒ずみにも繋がります。肌表面もザラザラとして化粧ノリも悪くなり、くすんで見えてしまうのも角栓が原因です。
そんな角栓が気になってくると、ついつい指で押したくなります。しかし、これをすると毛穴にぽっかりと穴があいてしまいます。皮脂が多く肌がべたつきやすい人は角栓も大きいため、無理に除去することでそれ相応の穴があいてしまいます。これは鼻や頬に起きやすく、加齢や乾燥によるたるみによってさらに毛穴は広がってしまいます。

年齢に合わせたケアと保湿が改善へのカギ

潤いとハリのある肌に

毛穴トラブルの対策では、保湿と年齢に合わせたケアを心がけましょう。たるみや皮脂の過剰分泌を引き起こす肌の乾燥を防ぐことで、毛穴の開きや黒ずみを改善することに繋がります。肌の調子が良くなることでハリのあるみずみずしい肌に近づき、毛穴トラブルを防ぐことが可能です。

スパトリートメントの
毛穴ケア一覧を見る

SEARCH

あなたにピッタリの
スパトリートメント
を探す

商品検索を始める